工房の写真
About Us

財布や名刺入れなど、
どうせ使う道具なら
愛着が湧くものが良い。

ということでドゥラムでは
ほとんどの商品に革を使っています。

革は使っていると
引っ掻いたりして
キズが入ります。
最初は結構ショックです。

ブラシをかけてキズが消えたり、
消えなかったり。

そのうち、キズのことを忘れたり。

ブラシをかけることでも
表面の状態が変わっていきます。

もはや後戻りはできません。

そんな小さな変化の積み重ねによって
買った時と全然違う感じに変わります。

また、使う人によって
変わり方も千差万別。

ガシガシ使って
ワイルドな感じになったり、
大切に育てられて
渋い風合いになったり。

ちょっと大げさですが、
持ち主の人となりを
反映するのかもしれません。

子供や孫も然り、
自分に似たものって
かわいいもんです。

使う人にとって
愛着がわく道具に育てばいいなぁと
思って手作りしております。

ベルトポーチの比較

社長が使っているベルトポーチと新品のもの。並べてみると違いが良くわかります。

使ったベルトポーチ

6年ほど使ったベルトポーチ。腰につけているので地面で擦ったりして傷だらけですが、良い感じだと思います。

植物性タンニン鞣しについて

「鞣し(なめし)」というのは
動物の皮を腐らないようにして、
道具や衣類に使えるようにする
作業のことを言います。

植物性タンニンとは
植物からとれる渋みのことです。
柿渋なんかの渋みです。

今、革製品で使われている革は
クロム鞣しや
混合鞣しのものが多いです。
生活で一番目にする革。

パキッとした色味で
革のキズも目立たない。
でも革自体の質感を隠してしまいます。

植物性タンニン鞣しは
昔ながらの方法で
手間と時間がかかりますが
革そのものの質感を活かした
ナチュラルな仕上がりになり、
革の経年変化もよく現れます。

そして何より
生産の工程で化学物質を使わないので
環境に対してダメージが少なく、
自然に還る素材だということ。

自然に対しては
中々胸を張っていられない
我々人間ですが、
道具として気持ちよく使う上で
この点はちょっと大切かもしれません。

ミモザの葉

植物性タンニン鞣しでよく使われるミモザの葉っぱ。

革の個体差について

植物性タンニン鞣しは
ナイロンや合皮のように
均一な質感ではなく
キズやトラと言われる色の濃淡など
牛の個性が現れます。

革の状態によって
商品に使える・使えないということが
出てきてしまうのですが、
すべての商品に
完全に均一な所を使うとなると
どうしても高額になってしまいます。

革自体のワイルドな風合いの良さを
感じてもらいたいという思いと
思いっきり使ってもらいたい
という思いがあり、
長年培った職人のセンスで
商品に使う革を選別しております。

幸いながら今の所
革の質感に関する
ご不満のお声を頂戴することは
ほとんどありませんので、
お嫁に出た革製品たちは
その個性を温かく
受け止めていただけたのかなと
思っています。

トラ

牛の背中のあたりに現れる「トラ」という模様。丈夫なのであえてこの部位を選ばれる方も。

キズ

生前の牛のキズ。牛の生き様が刻まれています。とはいえ、あえて目立つように使ったりはしませんので、ご安心ください。

使用している革の種類について

同じ植物性タンニン鞣しの革でも
その加工の仕方で
様々な表情の仕上がりになります。
ドゥラムでは主に
3種類の革を使っています。

Smooth(スムース)は
滑らかな手触りで
弾力があります。
はじめは固めですが、
使っていくうちに
柔らかく馴染んでくるので
使い甲斐があります。

Buono(ヴォーノ)は
部位によって表面に現れる
シボという細かいシワが
おしゃれな革です。
柔らかくオイリーな手触りで
マネークリップなどに
使用しています。

Supple(サプル)は
発色が良い、しなやかな革
赤やネイビーが綺麗です。
こちらは原皮も日本産です。
しっとりとした
優しい手触りは心地よく、
ついつい時間を忘れて
触ってしまいます。

スムースを使った長財布

スムースを使った長財布。光沢が綺麗です。

ヴォーノを使ったマネークリップ

ヴォーノを使ったマネークリップ。それぞれシボの入り方が異なり個性的な表情をしています。

サプルを使った革財布

サプルを使ったファスナーウォレット。発色が良いので並べると綺麗です。