ナチュラルな革の通帳ケース | DURAM 通帳ケース 10006

ナチュラルな質感の革を使った
手縫いの通帳ケース

通帳やカードの整理・保管に便利です

通帳を5〜7冊収納できる大きめのポケットや各種カード類を整理できる4つのカードスロットなど、家や会社の通帳類をまとめておくのに便利なケース。フラップ付きのポケットには小銭を入れても漏れないようにステッチが入っています。

手縫いのステッチが印象的なデザイン

手仕事の温かみを感じていただける麻糸のステッチは、福岡県糸島市の工房で一つ一つ手縫いされたものです。糸色の変更も可能です。また、名入れ(有料)を利用してお店や会社の名前を入れるとオリジナリティのある贈り物になります。

愛着が湧く道具になるために

ミモザなどの植物から採れるタンニンを使って加工されたナチュラルな質感の革、真鍮の金属パーツなど、愛着を持って長く使っていただけるように、味わい深く育つ素材にこだわって制作しています。

スムース

この通帳ケースには「Smooth」を使用しています。滑らかな質感の植物性タンニン鞣しの革です。手間と時間はかかりますが、昔ながらの加工の方法で革本来の風合いを活かしたナチュラルな仕上がりになります。大量生産とは対極にある植物性タンニン鞣しの質感をお楽しみください。

長く使える丈夫な道具をつくる。環境に対して影響が少ない自然に近い素材を使う。いつの時代でも通用する普遍的でシンプルな製品をデザインする。創業して以来、ずっと大切にしていることです。九州の北西に位置する糸島半島。 山と海が程よく近い自然あふれるこの土地で、長く使って頂けるように、一つ一つ思いを込めてハンドメイドしています。手仕事のあたたかみと、時と共に変わってゆくナチュラルな素材の風合いをお楽しみください。

この製品は職人が
手縫いで作っています

▶詳しくはこちら

この製品は名入れができます
世界に一つだけのオリジナルに

▶ご注文はこちら

サイズ/ H10.5×W18.0×D2.0cm、素材 / 牛革・真鍮・麻ロウびき糸

※植物性タンニン鞣しの革を使用しているため、色むら、シワ等がある場合がございます。詳しくは”こちら”をご覧ください。 ※写真はイメージです。撮影の状況、閲覧する環境によって色などが変わって見える場合があります。 ※糸色を変更しない場合、BLACKは黒、その他はキャメルの糸を使用します。 ※糸色を変更された場合は返品できません。あらかじめご了承ください。

オンラインショップからのお知らせ

商品のお届けについて

制作が立て込んでいるため商品のお届けまで3日から7日の期間をいただいております。また、ご指定いただけるお届け希望日は7日後からとさせて頂きます。長財布やバッグなど、商品によってはさらに期間をいただく場合があるため、お届け希望日に添えない場合がございます。ご注文後の自動配信メールとは別に配送予定日をメールでご案内しますのでご確認ください。メールのご案内はオンラインショップの営業日にお送りします。

型番 10006
販売価格
18,000円(税込19,440円)
COLOR
糸色
購入数
税込5000円以上のご購入で送料無料!

お客様の声

  • SG(30代・男性)
高品質なレザーを使用した通帳ケースをさがしていたところネット検索に掛かりました。
それほど大きくないのに複数の通帳が収納でき、なお且つフラップボタン付きのスペースや札室などもあり大変機能的です。レザーの質感や色味も良く、エイジングも期待できそうです。
縫製も手縫いとのことで温かみが感じられます。
商品発送までの対応も問題なく、また利用させていただきたいお店です。

ショップからのコメント


ご購入ありがとうございます。使用感や質感など詳細なレビューでとても勉強になります。またのご利用お待ちしております。
  • おだつなよ(50代・女性)
使いやすいです。カバンの中がすっきりしていていいです。
使い始めだけどダンダン革の風合いがでてくるんだろうなあ。
気に入ってます。大事に使います。有難うございます。

ショップからのコメント


レビューありがとうございます。気に入っていただけたようで大変嬉しいです!いっぱい使っていただけて、素敵な通帳ケースに育ちますように。

今後のサービスの向上、品質の改善のために是非お客様の声をお聞かせください。レビューをご投稿いただいた方の中から抽選で毎月5名様にDURAM コードホルダーをプレゼント!

※レビューのご投稿にはユーザ登録が必要です。※賞品はユーザ登録のご住所まで郵送いたします。※ユーザ登録のご住所はいつでも変更可能です。ページ上部のメニューの「マイアカウント」よりお手続きください。※当選のご案内は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

レビューのご投稿はこちら